勉強の習慣化の大チャンス!小学生の夏休み☆2.計画編


前回記事はこちらをクリック→:勉強の習慣化の大チャンス!小学生の夏休みを宿題だけで終わらせてはいけない

 

前回、学習を『嫌なもの』にしないために、夏休みを使って学習習慣をつけようという記事を書きました。

そこでその習慣をつけるために必要不可欠な、夏休みの目標設定と計画の明記化についてお話を進めていきたいと思います。これは全て夏休み前までにしておきたい事です。

 

目標を立てるには自分を現状を把握することから

まずは夏休みに子供が何をすべきなのか、お子様自身と一緒に考えてみましょう。

『何をすべきか=何が足りていないか』です。

まず、すでに算数などで『苦手』や『分からない』が出てしまっているのであれば、どこでつまずいてしまったのか、一つずつ単元を一緒に見直してさかのぼります。1学年前であればそこまででもさかのぼります。
決して人と同じところを勉強する必要なんてないのです。

出来るところからやり直すという事で子供の自信を取り戻して育てていきます。
出来るところからスタートするという方法は公文式などでも用いられている方法で、確実に100点をとれるところからスタートすることで子供が『解ける嬉しさや喜び』をもう一度手に入れ『勉強=嫌なもの』であることを取り除き、『次をもっと解いてみたい』意欲に変えていきます。

確認では1学期の間にあったテストや、授業中のプリントやワークの間違っている項目をチェックしていくと良いでしょう。
そうして全教科の気になる項目や、足りない部分、苦手な部分を紙に書き出していきます。
書き出すということは実はとても大切なこと。あれもこれもと思いつくままに手を出せば全てが中途半端に終わります。
視覚でしっかり認識させて一つ一つクリアしていき項目を消せるようにしましょう。

ちなみに、効率よく自分の苦手部分を勉強するために、日頃から家庭学習用の教材や問題集は直接書き込まずにノートや不要な紙に解いていき、間違った問題部分に印をつけておくとそれを後から重点的に何度も解き直しが出来ますよ。

 

目標の設定

自分の弱点部分の書き出しが終わったら、次は夏休み期間中の学習のゴールとなる『目標』を決めていきます。

単純に、書き出したものを一つずつ克服していって全ての弱点をクリアするのでも構いませんし、弱点が少なければ、そこをクリアした後はさらに2学期の先取り学習をすることや得意教科を深く強化して難問にチャレンジしていく事、検定にチャレンジする事など、普段の家庭学習ではなかなか手が伸ばせないところを積極的に頑張ってみましょう。
決めた目標はまた紙にちゃんと書き留めて、出来れば貼りだしておくと良いと思います。

その際、出来るだけ目標は
『毎日の目標、1週間の目標、一ヶ月の目標』
を具体的に書いておくほうが良いです。
ゴールのない勉強は長続きしません。習慣化させるためには、毎日のゴール、1週間のゴール、一ヶ月のゴールを明確に打ち出してメリハリをつけなければなりません。

ゴールとなる目標が決まったら、次に、それを達成していくためにどの教材やテキストを使うかを決めます。出来れば、夏休み用に書店などで家庭学習用の問題集を1冊ずつ用意すると計画的に取り組みやすくなります。

問題集を探す→こちらをクリック

家庭用通信教育教材を探す→こちらをクリック

 

計画の明記化

では目標と教材が決まったら、計画表を作りましょう。

計画表はどんな形式でも良いですが、一日一日の予定を書き込めるものが良いです。

まずは夏休みですでに決まっている予定(家族旅行など)を計画表に書き込みます。そして夏休みの最後の5日を空けて、残りの日数でまずは夏休みの宿題を割り振っていきます。

一日の宿題量は30分程度で終わるくらいを目安としてみましょう。残りの5日は急な予定等で計画がずれた場合の予備日とします。逆に早く終わった場合でも、宿題の予定だった時間に他の勉強を強要はしないように。学習時間は宿題時間とは別に毎日ちゃんと確保しますので、本人が勉強を望む場合を除いては空き時間は好きに過ごすようにしましょう。

宿題の割り振りが終わったら、目標に沿って、宿題の時間とは別に1日1時間程度で終わるくらいの学習を『教材P〇〇~P△△』などのように1日ごとに大まかに書き込みます。お子様と学習時間を30分程度×2回(朝と夜、など)決めておきます。

小学生の望ましい学習時間は、学年+10分といわれていますので学習時間の設定の目安としてみてください。

1日ごとのゴールが決まれば、それを毎日やることでどれだけ力がついたか、問題集を使って1週間ごとにテストをしてみます。どんな問題をどこまで解けるか、などを1週間のゴールに設定しましょう。

それを繰り返しながら、1ヵ月後に総まとめのチェック(テスト)をやって1ヶ月のゴールにたどり着きます。

1週間ごと、もしくは1ヶ月ごとに目標を達成出来ても出来なくても、決めたことを続けたお子様をしっかりと褒めることを忘れないで下さいね。前回もお話したとおり、好きな人に褒められることが何よりの原動力・推進力となり得ます。

まとめ

夏休みを無駄に過ごしてしまうと、2学期からの成績に大きく影響が出てしまいます。やる子は1学期の苦手やつまずきをきちんと解消して、やった分の力をプラスしてきます。

やらなければ苦手やつまずきが2学期でさらに大きく膨らむマイナスが迫ってしまいます。

でも宿題がちゃんと出るではないか、どうして夏休みの宿題だけではいけないのか?

答えは、

「勉強とは『問題を解く』ことよりも『解答や解き方の詳しい説明を一つ一つじっくり自分の中で噛み砕いて理解する』部分で力が付くから」

夏休みの宿題は解くだけで終るもの。問題を解くだけ、最後に解答を見て○×を採点つけるだけ、はほぼ何も勉強していないことと同じだからです。

夏休みの勉強では出来るだけ『解く』よりも『学ぶ』ほうを中心に、しっかりとした教材を選んであげてみて下さい。

以上、小学生の夏休みの勉強法方についてでした。

 

コラム一覧に戻る

 

トップに戻る